Hayashi Takeshi

 

むすぶこと / To Form a Relationship

 

 

彫刻の森美術館開館30周年記念展カタログ

「森に生きるかたち」 箱根彫刻の森美術館 1999年

森、それは何と魅惑的な響きを持つ単語か。

 

この場を一望出来る高い塔が彫刻の森にはある。私は高所からの眺めに誘われ、その塔に登り、この場を俯瞰した。そして突然、端から端へ石の線をひくことを思いついた。私は、その線が樹木などによって見え隠れするが、確かに存在するのを感じ、そしてそれが周囲と不思議な関係でむすばれることを予感した。それがいかなることやら今はよくわからない。しかし私にとって興奮する行為であり、出来事であることには違いないと思う。私はどのようにして、この森と関わり会うのか、そして何を想うのかを自問しつつ。

林 武史

 

The 30th Anniversary Exhibition 1999「Forms in Nature」The Hakone Open-Air Museum

Forest. The word has an enchanting ring.

 

There is a tall tower on the grounds of the Hakone Open-Air Museum offering a sweeping view. Drawn by this high vantage pont. I climbed the tower and looked down. There I suddenly got the idea of making a line with stones from one side to the other. I had the feeling that this line would have a solid presence even if it appeared and disappeared among the trees. I believed that it would form a mysterious relationship with the surrounding environment. Now, I am not so sure what it is all about. Still, it was definitely an exciting thing to do, a wonderful event for me. I have continued asking myself how best to relate to the forest and examining my own responses.

Hayashi Takeshi

 

error: Content is protected !!